離婚問題に親族が関与することについて

 夫婦の間で離婚の話しが出てきた際,夫婦それぞれの親が夫婦の話し合いに関与するケースがあります。

 夫婦二人で直接話すことが難しい場合など,誰かが間に入った方がよい場合もあるでしょう。親が自分の子どもの離婚問題を心配する気持ちも理解できます。お互いの親が冷静に理性的に話しができて,無事に離婚問題を解決させることができる場合には特に問題は生じないでしょう。

 しかし,そもそも,離婚問題は夫婦二人の合意があれば解決できます。お互いの親が離婚問題に口を出すと,本来夫婦二人で決められたことが,親も入れて決めなければならなくなり,解決までの時間もかかり,話しがこじれてしまうことがしばしばあります。一般的には,親は自分の子どもの味方で,自分の子どもの話の方を信じますから,親同士も喧嘩することにもなりかねません。

 お互い大人ですから,原則として,夫婦のことは夫婦二人で話合い,親の関与は避けるべきです。