浮気は離婚原因になる

四葉.gif 配偶者の浮気は,民法上「離婚原因」として認められています。

 夫婦は,お互いに貞操義務を持っているからです。

 

 ただし,何をもって「浮気」というのかは難しいところです。

 配偶者が浮気の事実を認めない場合,裁判で「浮気」があったと認められるためには,証拠が必要となります。

浮気相手に対する慰謝料請求

 配偶者が浮気をした場合,配偶者だけでなく,浮気相手にも慰謝料請求をすることができます。

 なぜなら,不貞行為(=浮気)は,「婚姻共同生活の平和の維持」という権利を侵害する行為であり,配偶者に精神的苦痛を与えるものだからです。

 

 ただし,配偶者の浮気が,夫婦関係が破綻した後に始まったのなら,慰謝料請求は認められません。

 また,配偶者の浮気相手が,配偶者が既婚者であることを全く知らなかった,という場合も,浮気相手には「故意」がなかったということになるので,慰謝料を請求できません。

 

 慰謝料の請求方法としては,いきなり訴訟を提起することもできますが,家庭裁判所に,浮気相手のみを対象として,調停を起こすこともできます。